モノづくり通信 Vol. 29 中小企業の高収益化とその課題

ものづくり補助金の事業計画でも、収益性の向上は必須です。

日本の中小企業は全企業数の99.7%を占め、

従業者数は4,013万人で全従業者数の7割を占めます。

 

一方、戦前の中小企業は、賃金や生産性が低く、

中小企業支援は国の大きな課題でした。

今でも中小企業の収益性は低いのでしょうか。

 

国は、企業の収益性の指標としてROA(総資本利益率)で見ています。

これはROAの増加がGDPの増加と相関関係があるからです。

このROAは、実は2000年までは、中小企業の方が若干大企業よりも良い数字でした。

しかしアメリカなどの海外の企業と比較すると、

大企業も含めて日本企業のROAは低い値です。

 

日本の中小企業のROAが低い原因について、

国やみずほ総研の報告書の分析と、

それ以外に日本の金融制度の問題も含めて、考察しました。

そして、何が中小企業の高収益化に影響を与えるのか、まとめました。

モノづくり通信第29号は以下のリンクから参照願います。

詳細は、モノづくり通信第29号をご参照願います。

 

◆モノづくり通信のバックナンバーは、こちらから参照いただけます。

 
 

《ご案内》

◆経営コラム 経営コラム 製造業の経営革新 ~30年先を見通す経営~◆

ものづくり企業の「30年先の経営」を考えるヒントとして、企業経営、技術の進歩、イノベーションなどのテーマを定期的に更新しています。

メルマガのハックナンバーについては、こちらをご参照ください。

 
こちらにご登録いただきますと、更新情報のメルマガをお送りします。

(登録いただいたメールアドレスは、メルマガ以外には使用しませんので、ご安心ください。)


 

◆未来を考えるワンコイン経営勉強会「未来戦略ワークショップ」◆

毎月第3日曜日 9:30~12:00 経営の失敗事例やイノベーションについて学ぶ有志の勉強会「未来戦略ワークショップ」を開催しています。

詳細は、こちらをご参照ください。

申込みは前日までに電話か、お問合せよりお申し込みください。

 

◆ニュースレター「モノづくり通信」◆

ものづくりや技術、イノベーションについて、弊社ニュースレター「モノづくり通信」を発行しています。

詳細は、こちらをご参照ください。

モノづくり通信の発行は、弊社メルマガでご案内しています。

こちらにご登録いただきますと、更新情報のメルマガをお送りします。
 
 



ページ上部へ▲

メニュー