‘経営革新’ カテゴリ

EVの時代は本当に来るのか?二次電池の進化とEVを取り巻く環境

今後EVは主役となりうるのか   フランス、イギリスは、2040年以降ガソリン車とディーゼル車の販売を禁止すると表明、オランダとノルウェーはさらに早く2025年までに販売を禁止すると表明しました。 また中国は2 […]

EVの時代は本当に来るのか?二次電池の進化とEVを取り巻く環境の詳細


その受注は儲かりますか?見積に販管費、営業利益は入っていますか?

つくるほど安くなる経験曲線   家電製品やパソコンなどの量産品では、最初の段階は赤字になっていることがあります。 つまり製造原価が受注価格を上回っています。 例えば、ソニーが初めてトランジスタラジオを発売した時 […]

その受注は儲かりますか?見積に販管費、営業利益は入っていますか?の詳細


経営コラム 労働生産性とは何か? 設備投資で向上するのか検証する

  国は企業の労働生産性を高めるために様々な施策を提示しています。 例えば、設備投資の奨励や賃上げの要請です。 あるいはマスコミは、企業が利益を内部留保し設備投資をしないため、雇用が回復しないと報道しています。 […]

経営コラム 労働生産性とは何か? 設備投資で向上するのか検証するの詳細


ゆとり世代の特徴と若者のモチベーション高める方法 (報酬の効果について)

今時の若者の特徴と育成について、 モノづくり通信第2号「人材育成特集」 では、最近の若者世代を「失われた20年世代」と呼び、その特徴をまとめました。   失われた20年世代の特徴   物心ついたときに […]

ゆとり世代の特徴と若者のモチベーション高める方法 (報酬の効果について)の詳細


インダストリー4.0はものづくりを変えるのか? その2

最近脚光を浴びているインダストリー4.0とスマートファクトリー、 経営コラム76号では「過去からのものづくりの変化とインダストリー4.0を取り巻く要素」について解説しました。 インダストリー4.0はものづくりを変えるのか […]

インダストリー4.0はものづくりを変えるのか? その2の詳細


インダストリー4.0はものづくりを変えるのか? その1

インダストリー4.0とは?   インダストリー1.0 産業革命   18世紀の終わりに起きた産業革命は、蒸気機関の発達により、動力を利用してものづくりを行い生産性が飛躍的に向上しました。   […]

インダストリー4.0はものづくりを変えるのか? その1の詳細


中小企業の高収益化の課題

  中小企業と大企業との格差   現在、大企業はリーマンショックから回復し、円安もあって特に輸出割合の高い企業の業績は回復しています。 それに対し、その下請けをはじめとする中小企業は「利益なき繁忙状態 […]

中小企業の高収益化の課題の詳細


なぜ、万全の財務体質のトーハツが倒産し、ホンダが飛躍したのか?

真の経営戦略とは? 半導体の敗戦、液晶テレビの劣勢、東芝の経営悪化など、かつて世界を席巻した日本企業の衰退がニュースになっています。 これらの敗因について、経営戦略の視点から、各社の経営の問題点を指摘する記事も出ています […]

なぜ、万全の財務体質のトーハツが倒産し、ホンダが飛躍したのか?の詳細


原価計算エクセルファイルダウンロード

原価計算エクセルファイルはこちらからダウンロードできます。

原価計算エクセルファイルダウンロードの詳細


人口減少社会とこれから起こる変化

日本の現在の人口は1億2700万人、 これが2050年には9,700万人、 2100年には5,000万人 にまで低下すると予測されます。   この人口減少を受けて、2014年5月、元岩手県知事で元総務大臣の増田 […]

人口減少社会とこれから起こる変化の詳細


1 / 1012345...10...最後 »
メニュー