‘経営革新’ カテゴリ

補助金でアワーレートは変わる? 減価償却費の謎

製品の原価を計算する場合、例えば機械の加工時間が1時間、オペレーターも1時間作業した場合、製造原価はどうなるのでしょうか。 製造原価は 製造原価=賃率(人)×工数(h)+賃率(機械)×工数(h) となります。 ここで 賃 […]

補助金でアワーレートは変わる? 減価償却費の謎の詳細


平成27年度補正ものづくり補助金 申請書の内容で前回と異なる点

平成28年2月5日、平成27年度補正 ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金(通称 ものづくり補助金)が公募開始されました。 今回は一般型1,000万円に加えて、小規模型500万円と高度生産性向上型3,000万円が追 […]

平成27年度補正ものづくり補助金 申請書の内容で前回と異なる点の詳細


コンサルタントの効果的な活用方法 その2

コンサルタントを活用して、企業の業績を向上するためには、コンサルティングの価値を理解しておく事をお勧めします。   コンサルタントの3タイプ   実は、コンサルタントは以下の3つがあると私は考えていま […]

コンサルタントの効果的な活用方法 その2の詳細


B to Bで価値を売ることは可能?下請け企業の価格決定について

先日、あるゴム部品の下請け企業を訪問しました。 同社は、本業の下請けの受注以外に、 自動車のレストア部品の製造も行っていました。   自動車のゴム部品は、時間が経つと劣化して ゴムとしての性能は大きく低下します […]

B to Bで価値を売ることは可能?下請け企業の価格決定についての詳細


平成27年度補正 ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金(通称 ものづくり補助金)平成26年度の違いと申請書作成の注意点

平成28年2月5日、平成27年度補正 ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金(通称 ものづくり補助金)が公募開始されました。 締め切りは4月13日です。 今回は一般型1,000万円に加えて、小規模型500万円と高度生 […]

平成27年度補正 ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金(通称 ものづくり補助金)平成26年度の違いと申請書作成の注意点の詳細


平成29年度補正 ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金(通称 ものづくり補助金)申請書の書き方

当サイトは、主に企業の方が自ら、平成29年度補正 ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金(通称 ものづくり補助金)申請書を書く際の注意点とポイントをまとめたサイトです。 今までの情報を基に、初めて申請書を作成する […]

平成29年度補正 ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金(通称 ものづくり補助金)申請書の書き方の詳細


平成27年度補正ものづくり補助金 必要な事前準備と過去の不採択のパターン

12月24日経済産業省が平成28年度予算の概算要求を発表しました。 その中で、今年度と同様にものづくり補助金などが実施される見込みです。 ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金 1021億円 (平成27年度補正予算) […]

平成27年度補正ものづくり補助金 必要な事前準備と過去の不採択のパターンの詳細


平成27年度ものづくり補助金1021億円 補助金の活用と採択のポイント

12月24日経済産業省が平成28年度予算の概算要求を発表しました。 その中で、今年度と同様にものづくり補助金などが実施される見込みです。 ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金 1021億円 (平成27年度補正予算) […]

平成27年度ものづくり補助金1021億円 補助金の活用と採択のポイントの詳細


なぜ会社のお金が出ていくのか?原価の知識の必要性

工場の目的は、製品や部品を最適なQCD(品質、コスト、納期)で製造することです。 特に最近はコストの要求が厳しく、製造原価を下げることは必須です。 現場での製造原価は、多くの場合、加工時間とアワーレートで管理されます。 […]

なぜ会社のお金が出ていくのか?原価の知識の必要性の詳細


新規事業が成功するための条件「経営戦略と立地」

多くの企業で新規事業に取り組んでいます。 その理由は様々です。 既存事業では成長が望めない、市場が衰退している、 既存事業との相乗効果でさらに成長する(シナジー)など   ですが、実態は惨憺たるものです。 あの […]

新規事業が成功するための条件「経営戦略と立地」の詳細


メニュー