かんたん原価の仕組みづくりコンサルティング | 製造業の経営改善と売上増加を実現する愛知県の経営コンサルタント会社 株式会社アイリンク、代表 中小企業診断士 照井清一

コンサルティング (原価計算、見積と価格交渉、品質改善・工数削減、経営改善計画策定)

1、かんたん原価の仕組みづくりコンサルティング

 
 指値が厳しく利益が出ない
 見積の価格が通らない、厳しい値下げ交渉が続く
 この価格では受注したくないが、取らないと現場が遊んでしまう
 
今日、多くのメーカーの製造原価に占める外注品の割合は60%以上です。
つまり利益を増やすためには納入価格の引き下げが最重要です。
 
そのため様々な手段で価格引き下げを要求してきます。
ターゲットコストに外注先の経営の健全性は考慮されているのでしょうか?
 

利益の確保には原価情報が必要

 
このような環境下では、1円2円の値引きが経営に大きな影響を与えます。
 
そのためには個々の受注の本当の原価を知ることが不可欠です。
 

  • 自社の適正な価格はいくらでしょうか?
  • 正しいアワーレートはいくらでしょうか?

 

しかし中小・零細企業が個々の製品の原価を知ることは容易ではありません。
 
大企業が行っている管理会計の仕組みは、多額のコストを必要とし、導入しても運用にとても手間がかかるため、中小・零細企業が扱えるものではありませんでした。
 
なぜなら管理会計自体が大手上場企業をターゲットにしており、会計監査で問題ないように会計理論に基づいたち密な仕組みだからです。
 

中小・零細企業が使えるかんたん原価「利益まっくす」

 
そこで株式会社アイリンクでは、中小・零細企業でも個別原価を簡単に算出できる「利益まっくす」を開発しました。
 

なぜ、中小・零細企業にもできるのか?「利益まっくす」の特徴

 

  • 個別原価は財務会計に使わず、見積作成と個別受注の利益の監視のみとする
  • 現実の加工方法や製造工程に合わせて、細かな間接費の分配を省いて極力シンプルにする
  • 中小・零細企業の業務や人材に合わせて、簡単な作業で結果を出力

 
手間をかけすぎず、中小・零細企業の体制に合わせて構築し、継続して運用できる仕組みです。
 

かんたん原価の仕組みづくりコンサルティング

 
かんたん原価「利益まっくす」を導入し、自社のアワーレート計算から、製造間接費、販売費及び一般管理費の算出、見積作成から実績原価の集計までの仕組みづくりをコンサルティングします。
 
特徴

  • エクセルによるシンプルな仕組み、入力はパートさんにお願いできます。
  • 設備投資、増員など経営環境の変化を原価にタイムリーに反映し、利益の変化が分かります。
  • クライアント企業の事業、工程に合わせた仕組みを構築します。
  • クライアント企業と一緒に構築し、プロジェクト完了後はクライアント企業自身で運用できます。

 
メリット

  • 実績原価を把握することで、個別の製品の赤字がわかり、直ちに対策することで、利益が増えます。
  • ロットの減少や不良増加など、いつの間にか赤字になっている受注も容易にわかります。
  • 的確なアワーレートから、見積がより正確になり、ギリギリの価格で交渉できます。

 
注意点

  • 極力シンプルな仕組みとしたため、仕掛品や在庫の変動の影響を簡略化しています。
  • 毎月在庫や仕掛品の量が大きく変動する場合は、都度補正を行って対応しています。

 
お問合せ
初回打合せからコンサルティングまでの手順はこちらをご参照ください。
 

2、儲かる工場に変わる利益改善コンサルティング

 
 社員は毎日一生懸命働いているのに生産量が落ちている。
 品質問題や不良の発生で時々生産が止まり、量が上がらない
 特急や納期遅れのため、現場が混乱し、生産性が上がらない。
 
多くの中小・零細企業は、今までベテラン社員が状況に応じて判断して現場を回してきました。
そのベテランが退職し、後を引き継いだ中堅社員が悪戦苦闘して現場を回しています。
 
しかし多品種化、短納期化が進む現場では、人の経験に頼った管理は限界に達しています。
この管理の問題が中小企業の生産性向上に対して見えない足かせとなっています。
 
中小・零細企業においても、今までの属人的な管理から仕組みによる管理が必要です。
 

中小・零細企業ができる時間管理の仕組み構築

 
仕組みが全くなければ、手書き日報から初めて、仕組みが定着したらエクセル化します。
 
多品種少量生産、中量中品種、少品種大量生産などの生産ロットや工場の規模、生産形態に合った仕組みが必要です。
 
大切なことは、仕組みをしっかりとつくり、管理自体は仕組みにやらせ管理者は仕組みの維持に力を入れることです。
 
この仕組みが回り出すと、ネック工程が見つかり、そこを改善することでリードタイムが短縮します。
また生産計画に対し、遅れの原因が見つかり、混乱を減らすことができます。
 
生産計画が混乱する原因には、管理値が厳しい、工程能力が不十分なために不良が発生するといった品質問題にあります。
 
つまり生産管理の問題の解決には、品質問題の解決が必要です。
 

株式会社アイリンクの時間管理の仕組みの特徴

 

  • スモールスタート、簡単なところから始めるので中小・零細企業でも少ない負担でできます
  • 事業規模や生産形態に合った仕組みを構築するため、無理なくできます
  • 経営者が工場の状態を数値で定量的に把握できます。みんな忙しそうだが生産性が低いとぃった問題を見える化できます。
  • 製造技術、品質管理に詳しいコンサルタントが、問題の見える化だけでなく、解決まで総合的にコンサルティングします。

 

注意点…コンサルティングをうまく活用するポイント

 
コンサルタントのメリットは、様々な知見と手法を持っているため、現状の課題の明らかな解決策を示すことで、短期間に課題を解決できることです。
 
ただし、解決案の実行はクライアント企業が行う必要があります。
いくら良いアイデアや解決策があっても実行を伴わなければ成果につながりません。
 
コンサルティングの失敗の多くが、コンサルティングに経営者が不在なことです。
なぜなら多くの中小企業の社員は解決策を提示しても自らは動かないからです。
そのため経営者自身がリーダーシップを発揮して解決案を実行する必要があります。
 
コンサルタントの持っている知識やスキルを短期間にすべて吐き出させ、自社に良い点を早く取り入れで自社のスタッフに早急に実行させることが、コンサルタントをうまく活用するポイントです。
 

中小企業コンサルティングのポイント

 
中小企業のコンサルティングの場合、コンサルタントが解決案を示しても、具体的な作業がイメージできず、実行に至らないことがあります。
 
大企業へのコンサルティングでは、社員の実行力が高いので、アイデアだけを提示すれば実行されて成果が出ますが、中小企業へのコンサルティングではアイデアだけでは何も変わらないことがあります。
 
従って、中小企業のコンサルティングでは、クライアント企業の社員の方が具体的な取組がイメージできるように、呼び水となるような帳票や日報のひな型の作製や、具体的な作業をやって見せるなどして、社員の方の実行につなげる必要があります。
 
ただし、これはあくまで呼び水であり、早急にクライアント企業の社員の方での自主的な取組につなげていく必要があります。
 

お問合せ
初回打合せからコンサルティングまでの手順はこちらをご参照ください。
 

個別原価請負「出張原価部長」サービス

 
 顧客からの低い指値、厳しい値下げ交渉など利益がなかなか確保できない

 生産現場では、納期遅れや特急の割り込みのため混乱が日常茶飯事になっている

 そのため、それぞれの製品が儲かっているのかどうかわからない

 日報は書かせているが活用できていない

 
アワーレートの算出や日報の集計、個別の原価の計算までを、小規模企業がすべて社内で行うのは大変です。
 
かといって、儲かるのかどうかわからない受注を続けていけば、いずれ立ち行かなくなってしまいます。
 

個別原価請負「出張原価部長」

 
そこで、株式会社アイリンクの「出張原価部長」は、日報から個別の実績原価を算出し、個々の利益額を一覧表にして報告します。
つまり大企業の「原価管理部」をリーズナブルな価格で丸ごとアウトソースできます。
 
あなたは毎月日報を送るだけ!
 
原価計算のエキスパートが、個別製品の実績原価とその利益、そして問題点をレポートにまとめ、報告します。
 
また、この結果から今後の見積への反映もレポートします。
 
さらにアワーレートの変化から、会社の収益力の変化、さらに利益目標達成に必要な売上額をレポート。
このレポートから毎月PDCAを回すことで、あなたの会社が短期間に儲かる会社に変わります。
 
メリット

  • 自社でシステムを導入する必要がなく、システム導入や保守に係る費用が不要です。
  • 専門知識を持った高給な人材を雇用する必要がありません。
  • 担当は専任制のため、毎月決まった担当者が要点をわかりやすく説明します。
  • 製造業を専門としているため、自社のアワーレートの高低、業界内での比較も得られます。
  • 専門家が直接説明することで、不明な点を直ちに質問できます。
  • 担当者から直接説明を受けて質問することで、経営者が自社の現状と問題点について考える貴重な時間が得られます。
  • 原価の説明に限定することで、コンサルティングのように解決策を提示しないため、リーズナブルな価格で提供できます。

 
お問合せ
初回打合せからコンサルティングまでの手順はこちらをご参照ください。
 

4、経営改善計画書策定支援

 
こんなお困りごとはありませんか?
 
 金融機関の要請で専門家に経営改善計画書を依頼したが、役員報酬カットや人件費削減しかなく、経営が良くならなかった。
 今後、先行きが見えず経営の転換が必要だと感じているが、そのような計画でなかった。
 経営改善計画書の作成を依頼した専門家が、自社の業務内容を理解しておらず、出来上がった計画に実行性が感じられない
 

製造業の経営改善

 
苦境に陥っている製造業の多くは、多額の役員報酬や過剰な人員のような明確な問題点はありません。
 
顧客や技術・製品など製造業を取り巻く環境の変化が苦境の原因です。
 
環境の変化に対応し苦境を脱するには、新たな顧客開拓や製造プロセスを革新するなど、今までとは異なることに取り組む必要があります。
従って、事業内容を理解した上で、課題を明確にし、それを解決する新たな取組を策定し、それを盛り込んだ経営改善計画を作成する必要があります。
 
確かに費用を削減すれば目標利益を達成する計画はできますが、課題を解決するような取り組みを行わなければ、結局計画は未達になります。
そして、そうこうするうちに、どんどん状況が悪化してしまいます。
 

株式会社アイリンクの経営改善計画策定

 
解決方法

  • その会社の事業内容、持っている技術、顧客、競合を分析し、問題点を明らかにします。
  • 限られた経営資源を活用して、苦境を打開する戦略を経営者と共に策定します。
  • 戦略を数値計画に落とし込み、経営改善計画書を作成します。

 
国の補助金「認定支援機関による経営改善計画策定支援事業」が活用できます。(認定支援機関)
 
お問合せ
初回打合せからコンサルティングまでの手順はこちらをご参照ください。
 

 

ご相談から、コンサルティングまでの流れ

 
お申込み、お問い合わせはこちらからお願いします。
 

お問合せ
電話・FAX・メール等で受付
打合せ
状況をヒアリング
戦略策定 3~5回
課題のヒアリング、問題点の分析、戦略の策定
経営改善計画書の作成
実行計画、数値計画の作成
金融機関との打合せ、バンクミーティング(経営サポート会議)
モニタリング

 
お申込み、お問い合わせはこちらからお願いします。
 

モニタリングについて

 
国の「認定支援機関による経営改善計画策定支援事業」では、半年に1回訪問し、計画の進行状況と問題点の解決に取り組むことを求めています。
 
このモニタリングに個別原価請負「出張原価部長」を活用すれば、製造原価、粗利、営業利益を毎月チェックでき、問題を早期に発見し、対策できます。(別途費用がかかります)
 

特徴
機械設計、生産技術、品質保証の経験豊富な技術者出身のコンサルタントが、技術、顧客、プロセスなどにわたり、現状の問題を明らかにし、儲かる工場に変わる計画を作成します。
中小企業のリソースに合わせ、実行可能な計画を経営者と共に作成します。
 
お申込み、お問い合わせはこちらからお願いします。
 



ページ上部へ▲

メニュー