代表プロフィール

株式会社アイリンク代表照井清一のプロフィール電子機器製造装置メーカーにて、機械設計、製品企画、生産技術、品質保証に従事し、2002年には世界最速・最軽量の電子機器製造装置を実現、特許出願20件以上

フィンセラミックスや高機能樹脂など先端材料の導入や加工の開発なども行う。 品質保証部門に異動後は、   多くの中小企業の現場に密着し、生産性改善や品質指導を行う。

生産技術部門では積極的に設備の自動化を推進すると 共に初のアンドンシステムの導入や、物流改革を実践。

2011年に株式会社アイリンクを設立し独立。

日本のものづくりを支える中小企業の経営改善の為、 技術開発と技術の効果的なPRによる新規開拓の支援を行っている。

豊田工業高等専門学校 機械工学科 卒業

中小企業診断士

代表からのメッセージ

学校を卒業後、30年以上ものづくりにかかわって生きてきました。

設計だったり、生産の自動化だったり、経営への支援であったり様々でしたが、

いまでも現場でものづくりについて議論するのは大好きです。

一方ものづくりを取り巻く環境は厳しさを増し、経営には様々な困難が立ちはだかっています。

しかし日本人には、太古の昔から先人たちが素晴らしいものをつくりあげた「ものづくりのDNA」と、

使う人のことを考え妥協を許さぬ厳しい仕事への姿勢があります。

本当に信頼性が必要なところには、他の国ではなく、日本製の製品や部品を使いたいと海外でも思っています。

日本の中小企業には、今まで積み重ねてきた技術があります。

それを独自技術にまで高めて、効果的にPRすれば、海外からも仕事の依頼が来ます。

そうすれば大企業の下請けとして、低価格と多大な要求に苦労している会社も、

高収益企業に変わることが出来ます。

そういった企業を1社でも多く実現し、

未来の子供たちにものづくりで活躍できる場を残すことが、私の使命です。

 

弊社の提供する下請け企業が高収益企業に変わるコンサルティング・プログラム」についてはこちらからご参照いただけます。

株式会社 アイリンクの会社概要については、こちらからご参照いただけます。



ページ上部へ▲

メニュー