‘経営戦略’ カテゴリ

高度成長時代の不況を振り返る。~30年先の経営を考えるために~

これからの世の中の変化を考える際、 過去がどうなっていたのか知っておくことは重要です。 戦後の高度成長期、日本企業が躍進して、大変良かった時代という印象があります。 しかし実際には好況・不況があり、その過程で倒産した会社 […]

高度成長時代の不況を振り返る。~30年先の経営を考えるために~の詳細


「経営に終わりはない」ホンダという会社を創った男 藤沢武夫(後編)

「経営に終わりはない」ホンダという会社を創った男 藤沢武夫(後編) 本田宗一郎氏と二人三脚でホンダを世界的な企業に育てた藤沢武夫氏、 彼には非常に大きな課題がありました。 それは彼にしかできないことでした。   […]

「経営に終わりはない」ホンダという会社を創った男 藤沢武夫(後編)の詳細


タイで売っていた商品を1兆円ビジネスにした男 ディートリッヒ・マテシッツ

1984年、オーストリア人ディートリッヒ・マテシッツは、 ユニリーバのマーケティングマネージャーの仕事を辞め、 中国系タイ人チャリアオ・ユーウィッタヤーと50万ドルずつ出資して飲料の会社を設立しました。 それから2年間で […]

タイで売っていた商品を1兆円ビジネスにした男 ディートリッヒ・マテシッツの詳細


平成バブルはなぜ起きたのか?どんな過ちがあったのか?

未来を考えるために、過去を振り返る 2008年リーマンショックは、多くの企業に大きなダメージを与えました。 その直前まで、トヨタ自動車を初め自動車メーカーは非常に好調で、増産要請に応えるために、設備投資をした中小企業もあ […]

平成バブルはなぜ起きたのか?どんな過ちがあったのか?の詳細


アイシン・シロキ統合が意味するもの ~自動車部品メーカーの競争激化と下請け企業への影響~

12月20日の中日新聞にトヨタ自動車グループの大手部品メーカーアイシン精機が、 シロキ工業を完全子会社する記事が載っていました。 アイシン精機は、トランスミッション、カーナビで有名ですが、他にもブレーキや シート骨格、窓 […]

アイシン・シロキ統合が意味するもの ~自動車部品メーカーの競争激化と下請け企業への影響~の詳細


アベノミクスの成長戦略を製造業の視点から見ると…

2014年11月、安倍首相は2015年10月に予定していた消費税 10%への増税を延期することを決定しました。 2014年4月に行った消費税増税 8%により、 増税前の駆け込み需要の影響もあり、 消費は4月から6月にかけ […]

アベノミクスの成長戦略を製造業の視点から見ると…の詳細


「経営に終わりはない」ホンダという会社を創った男 藤沢武夫(前篇)

20世紀の著名な経営者と言えば、 名前が挙がるのが、松下幸之助、井深大、本田宗一郎氏です。 いずれも独力で会社を興し、世界的な企業に育てました。 すでに皆さん他界されていて、私から見れば歴史上の人物に近いのですが。 今、 […]

「経営に終わりはない」ホンダという会社を創った男 藤沢武夫(前篇)の詳細


30年先を考えることで、変わる経営

製造業、特に大手企業の下請けとして長年やってきた企業は、新たに顧客を獲得するのが容易ではありません。 しかし今取引している大手企業が、今後も安定して取引が持続するかというと心配な点があります。   そこで今後の […]

30年先を考えることで、変わる経営の詳細


顧客の声とは、何を聞くべきか? マーケティング調査の落とし穴

企業が新製品や新サービスを開発するとき、顧客の求めるものと 違うものを作っては当然売れません。 従って、顧客のニーズの調査が必要になります。 大企業では費用をかけて市場調査を行うでしょうし、 中小企業でも自社製品の場合、 […]

顧客の声とは、何を聞くべきか? マーケティング調査の落とし穴の詳細


2050年、日本は世界の中に埋もれるのか。36年後の世界を統計データから読み解く

「ジャパン・アズ・ナンバー1」といわれ、 かつて世界から称賛された日本経済。 しかし今やGDPで中国に抜かれ、かつての勢いもなく… これから日本はどうなっていくのか。 2014年初頭、私が大胆に予測しました。 &nbsp […]

2050年、日本は世界の中に埋もれるのか。36年後の世界を統計データから読み解くの詳細


メニュー