‘経営革新’ カテゴリ

平成バブルはなぜ起きたのか?どんな過ちがあったのか?

未来を考えるために、過去を振り返る 2008年リーマンショックは、多くの企業に大きなダメージを与えました。 その直前まで、トヨタ自動車を初め自動車メーカーは非常に好調で、増産要請に応えるために、設備投資をした中小企業もあ […]

平成バブルはなぜ起きたのか?どんな過ちがあったのか?の詳細


アイシン・シロキ統合が意味するもの ~自動車部品メーカーの競争激化と下請け企業への影響~

12月20日の中日新聞にトヨタ自動車グループの大手部品メーカーアイシン精機が、 シロキ工業を完全子会社する記事が載っていました。 アイシン精機は、トランスミッション、カーナビで有名ですが、他にもブレーキや シート骨格、窓 […]

アイシン・シロキ統合が意味するもの ~自動車部品メーカーの競争激化と下請け企業への影響~の詳細


アベノミクスの成長戦略を製造業の視点から見ると…

2014年11月、安倍首相は2015年10月に予定していた消費税 10%への増税を延期することを決定しました。 2014年4月に行った消費税増税 8%により、 増税前の駆け込み需要の影響もあり、 消費は4月から6月にかけ […]

アベノミクスの成長戦略を製造業の視点から見ると…の詳細


「経営に終わりはない」ホンダという会社を創った男 藤沢武夫(前篇)

20世紀の著名な経営者と言えば、 名前が挙がるのが、松下幸之助、井深大、本田宗一郎氏です。 いずれも独力で会社を興し、世界的な企業に育てました。 すでに皆さん他界されていて、私から見れば歴史上の人物に近いのですが。 今、 […]

「経営に終わりはない」ホンダという会社を創った男 藤沢武夫(前篇)の詳細


iROADは、新ジャンルのコミューターとなるか

先日、豊田市の次世代モビリティ実証実験Ha:moで iROADの講習会があり講習を受けてきました。 iROADとは、電動3輪の乗り物です。 大きさは全長2350×全幅850×全高1445ミリメートル 前2輪後1輪で乗った […]

iROADは、新ジャンルのコミューターとなるかの詳細


コアコンピタンス経営とは、イノベーションの創出だった?

今から10年以上前、サラリーマン時代に当時の社長が年頭のあいさつで、 「今後は、わが社のコアコンピタンスに集中し、…」 と話されました。 当時は、何のことかさっぱりわかりませんでした。 おそらく社長の言っていることの意味 […]

コアコンピタンス経営とは、イノベーションの創出だった?の詳細


30年先を考えることで、変わる経営

製造業、特に大手企業の下請けとして長年やってきた企業は、新たに顧客を獲得するのが容易ではありません。 しかし今取引している大手企業が、今後も安定して取引が持続するかというと心配な点があります。   そこで今後の […]

30年先を考えることで、変わる経営の詳細


自動車は本当にコモディティ化するのか、その時、日本の自動車メーカーに競争力はあるのか?

多くの地域で自動車産業は、地域の雇用と税収を支える基幹産業です。 自動車もコモディティ化し 自動車産業の競争力が低下したら…。   これについては、多くのモノづくり企業に対し非常に大きな影響があるため、 極力情 […]

自動車は本当にコモディティ化するのか、その時、日本の自動車メーカーに競争力はあるのか?の詳細


やはり、地方より「東京」 展示会の費用対効果を考える

突然ですが、魚釣りで一番大事なことは何でしょうか。 それは魚がいるところに釣り糸を垂らすことです。   そんなの当り前といわれるかもしれません。 しかし意外と魚がいないところに釣り糸を 垂れていることは少なくあ […]

やはり、地方より「東京」 展示会の費用対効果を考えるの詳細


パナソニックが2期連続黒字、パナソニックの創設者 松下幸之助氏の言葉、商売戦術30箇条を考える

パナソニックが2015年3月期の連結当期純利益が 1400億円になると発表しました。 前年同期は1204億円で、最終黒字は2年連続となりました。 このパナソニックの創業者の松下幸之助氏の回想録を読んでいたら、 面白い資料 […]

パナソニックが2期連続黒字、パナソニックの創設者 松下幸之助氏の言葉、商売戦術30箇条を考えるの詳細


メニュー