‘経営革新’ カテゴリ

30年先を考えることで、変わる経営

製造業、特に大手企業の下請けとして長年やってきた企業は、新たに顧客を獲得するのが容易ではありません。 しかし今取引している大手企業が、今後も安定して取引が持続するかというと心配な点があります。   そこで今後の […]

30年先を考えることで、変わる経営の詳細


自動車は本当にコモディティ化するのか、その時、日本の自動車メーカーに競争力はあるのか?

多くの地域で自動車産業は、地域の雇用と税収を支える基幹産業です。 自動車もコモディティ化し 自動車産業の競争力が低下したら…。   これについては、多くのモノづくり企業に対し非常に大きな影響があるため、 極力情 […]

自動車は本当にコモディティ化するのか、その時、日本の自動車メーカーに競争力はあるのか?の詳細


やはり、地方より「東京」 展示会の費用対効果を考える

突然ですが、魚釣りで一番大事なことは何でしょうか。 それは魚がいるところに釣り糸を垂らすことです。   そんなの当り前といわれるかもしれません。 しかし意外と魚がいないところに釣り糸を 垂れていることは少なくあ […]

やはり、地方より「東京」 展示会の費用対効果を考えるの詳細


パナソニックが2期連続黒字、パナソニックの創設者 松下幸之助氏の言葉、商売戦術30箇条を考える

パナソニックが2015年3月期の連結当期純利益が 1400億円になると発表しました。 前年同期は1204億円で、最終黒字は2年連続となりました。 このパナソニックの創業者の松下幸之助氏の回想録を読んでいたら、 面白い資料 […]

パナソニックが2期連続黒字、パナソニックの創設者 松下幸之助氏の言葉、商売戦術30箇条を考えるの詳細


顧客の声とは、何を聞くべきか? マーケティング調査の落とし穴

企業が新製品や新サービスを開発するとき、顧客の求めるものと 違うものを作っては当然売れません。 従って、顧客のニーズの調査が必要になります。 大企業では費用をかけて市場調査を行うでしょうし、 中小企業でも自社製品の場合、 […]

顧客の声とは、何を聞くべきか? マーケティング調査の落とし穴の詳細


買いたい気持ちを起こすにはドーパミンを刺激しろ!目新しさが鍵

脳内の神経伝達物質にドーパミンというものがあります。 このドーパミンは、ドーパミン・ニューロンという特殊なニューロン (脳の神経細胞)の中で作られます。 ドーパミン・ニューロンは頭の中にほんのわずかしか存在せず、 ニュー […]

買いたい気持ちを起こすにはドーパミンを刺激しろ!目新しさが鍵の詳細


高く売るには? 商品のポジションを変えろ!

スニーカーでなく、フィットネスジムとして3万円で販売したスニーカー この商品は何か、つまりポジショニングを決めることは、 その商品の売れ行きや収益性を決めてしまいます。 消費者の心の中には価格のアンカーと呼ばれるものがあ […]

高く売るには? 商品のポジションを変えろ!の詳細


下請け企業にとっての展示会、新規開拓の効果は?

従来、ものづくりの中小企業、特に大手企業の下請け企業にとって、 展示会はあまり縁がないものでした。   多くの下請け企業は、特に営業活動をしなくても、 かつては大手企業からの取引で十分な受注がありました。 また […]

下請け企業にとっての展示会、新規開拓の効果は?の詳細


薄型テレビ、半導体…、負けるべくして負けている!! 価格戦争という戦いを知らない日本企業

ソニー、パナソニックなど名だたる企業が、薄型テレビなど主力商品で、 市場シェアを大幅に落として、経営が悪化、 リストラを行っていることは、皆さんご存知だと思います。   では、なぜそのような事態になってしまった […]

薄型テレビ、半導体…、負けるべくして負けている!! 価格戦争という戦いを知らない日本企業の詳細


大企業のマーケティング成功事例、エナジードリンクをテスト、最も「効く」のは?

  エナジードリンクという飲み物があります。 若い人たちは結構飲んでいますが、私のようなおじさん世代はあまり飲んでいないようです。 今まで、これに該当するカテゴリーがなかったからです。 でも結構売れているようで […]

大企業のマーケティング成功事例、エナジードリンクをテスト、最も「効く」のは?の詳細


メニュー