セミナー「利益を確実にするためのシンプルな原価計算の仕組み」

「受注は黒字のはずなのに、利益が出ない」

なぜでしょうか?

材料費、人件費、販管費の中で、見積からこぼれているものがあるからです。

そのため、決算を締めてはじめて、利益が出ていなことが分かります。
 

原価計算と実績の比較は不可欠

 
かつては、どんぶりで計算した見積を交渉によって下げて受注しても利益は確保できました。

しかし受注価格の厳しい今日、個々の受注が利益を上げなければ赤字になってしまいます。

一方、多くの製造業の経営者は、原価計算と実績集計の必要性は理解しています。

しかし、そのためには管理会計や原価計算システムが必要となり、とても手が出ませんでした。
 

エクセルでできるシンプルな原価計算

 
実は、製品別、顧客別の収益を見える化するだけであれば、もっと簡単なやり方で十分です。

ポイントは会計と切り離すことです。

必要なのは、

「どの仕事が儲かっているのか?」

「受注した仕事は、どのくらいの時間でやれば利益が出るのか?」

この2点だけです。
 

そして採算性の悪い製品や顧客を対策すれば利益は大きく改善します。

そこで、本セミナーは、エクセルでできる簡単な原価計算の仕組みをご紹介します。

そして、製品別、顧客別の収益の分析や、原価目標管理など経営に活かす方法についてご紹介します。

難しい会計用語を使用しない、会計を知らない方でも理解できるセミナーです。

(簡単な計算の演習がありますので、電卓のご用意をお願いします。)

セミナーの内容

1) 簡単にできる原価計算

・賃率(人・機械)の計算方法

・販管費の決め方

2) 原価を使った赤字の「見える化」

・不良の影響

・発注ロットの減少
 

セミナー参加者だけの特典

利益が見える見積・原価計算エクセルシート
 

日時:2017年7月20日(木)14:00~16:30

場所:ウィンクあいち 1107会議室

定員:15名

受講料:8,000円

セミナーパンフレットは、こちらからダウンロードできます。

 

セミナーのお申し込みはこちらのフォームから

お名前
必須
会社名
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須



ページ上部へ▲

メニュー