ニュースレター

株式会社アイリンクは、中小モノづくり経営に役立つような、モノづくり・生産改革・イノベーション・人材活用などの情報と日本のモノづくりの歴史、そして弊社の近況などをニュースレター「モノづくり通信」として4回/年 定期的に発行しています。


‘ニュースレター’ カテゴリ

モノづくり通信Vol.68「DXの真実」

◆弊社ニュースレターモノづくり通信第68号を発行しました◆   最近の流行している言葉が「DX (Digital Transformation)」です。 新聞やネット記事に再々登場し、DXに関する本も続々出版さ […]

モノづくり通信Vol.68「DXの真実」の詳細


モノづくり通信Vol.67「脚光を浴びるベーシックインカム」

◆弊社ニュースレターモノづくり通信第67号を発行しました◆   最近縁あって知人のフリースクールを手伝っています。 といっても、子供たちと一緒にざりがに釣りをしたり、畑いじりをしているだけですが。 ただ「学校に […]

モノづくり通信Vol.67「脚光を浴びるベーシックインカム」の詳細


モノづくり通信 Vol.66「今までの変化を学び、激変する未来を考える」

◆弊社ニュースレターモノづくり通信第66号を発行しました◆   新型コロナウイルスによって私たちの生活、ビジネスは大きな影響を受けました。 そんな時「昔はよかったけど今は大変だ」という声が聞かれます。 しかし本 […]

モノづくり通信 Vol.66「今までの変化を学び、激変する未来を考える」の詳細


モノづくり通信 Vol.65「人類最大の殺戮者、感染症の歴史」

◆弊社ニュースレターモノづくり通信第65号を発行しました◆   昨年は、新型コロナウイルスによって社会生活、経済活動は大きく変わりました。 しかし歴史を振り返ると人類が感染症を心配しなくてよくなったのは、つい最 […]

モノづくり通信 Vol.65「人類最大の殺戮者、感染症の歴史」の詳細


モノづくり通信 Vol.64「なぜ製造業の原価計算はわかりにくいのか?」~製造業の経営と会計のギャップを考える~

◆弊社ニュースレターモノづくり通信第64号を発行しました◆   厳しい経営環境の中で確実に利益を出すには、受注毎の利益管理が不可欠です。 そのためには原価計算の仕組みが必要です。 一方利益管理のためには、変動費 […]

モノづくり通信 Vol.64「なぜ製造業の原価計算はわかりにくいのか?」~製造業の経営と会計のギャップを考える~の詳細


モノづくり通信 Vol.63「独創的な考えを生み出す柔軟的思考」

◆弊社ニュースレターモノづくり通信第63号を発行しました◆   今日、社会はめまぐるしく変化し、 今まで主流だったものが短期間に時代遅れになります。 フィルムカメラはわずか数年でデジタルカメラに置き換わり、 フ […]

モノづくり通信 Vol.63「独創的な考えを生み出す柔軟的思考」の詳細


モノづくり通信 Vol.62「ソニー、トヨタの次に来るもの ~日本悲観論を超えて~」

◆弊社ニュースレターモノづくり通信第62号を発行しました◆   戦後の高度成長期、日米繊維摩擦と言われた日本製衣料の輸出に始まり、 家電、半導体、自動車など多くの製品を輸出し、 一時はジャパン・アズ・ナンバーワ […]

モノづくり通信 Vol.62「ソニー、トヨタの次に来るもの ~日本悲観論を超えて~」の詳細


モノづくり通信 Vol.61「人工知能とは何か? 仕事はどう変わるのか?」

◆弊社ニュースレターモノづくり通信第61号を発行しました◆   「コンピューターがプロ棋士に勝った!」 「コンピューターが声を聞き取って翻訳する」 などコンピューターは急速に進歩しています。 そして今、再び人工 […]

モノづくり通信 Vol.61「人工知能とは何か? 仕事はどう変わるのか?」の詳細


モノづくり通信 Vol.60「仮想通貨とは何か?ブロックチェーンとフィンテックで変わる世界」

◆弊社ニュースレターモノづくり通信第59号を発行しました◆   ビットコインを代表とする仮想通貨、 価格が乱降下し大損する人が出るなど、 多くの人々はわけがわからないものと感じています。 この仮想通貨が生まれた […]

モノづくり通信 Vol.60「仮想通貨とは何か?ブロックチェーンとフィンテックで変わる世界」の詳細


モノづくり通信 Vol.59「『捨てられる銀行』国の金融政策と金融機関の変化」

◆弊社ニュースレターモノづくり通信第59号を発行しました◆   ジャーナリストの橋本卓典氏が2016年に「捨てられる銀行」という刺激的なタイトルの本を講談社現代新書より発行しました。 この本では、今の銀行、信用 […]

モノづくり通信 Vol.59「『捨てられる銀行』国の金融政策と金融機関の変化」の詳細


メニュー