数人の会社から使える原価計算システム「利益まっくす」

資料請求

利益まっくすの詳しい資料を無料でお送りします。

資料請求はこちらからお願いします。

 
製造業は様々な費用があるため手作業で原価を計算するのは困難です。

しかしこれまでの原価計算システムは…


 高価
 システム会社に依頼しなければならず、多額の費用と時間が必要でした。

 


 設定が複雑
 入力データが多く設定も複雑なため専任者が必要でした。
 多品種少量生産は受注件数が多く業務量が増えます。
 しかし中小企業は多くのマンパワーをかけられません。

 


 運用が煩雑
 設備追加や増員があると様々な設定を変更するため運用に手間がかかりました。

 

なぜ製造業の原価計算は大変なのか?

理由は以下の2つです。

  • 発生する費用の種類が多く、各工程でどれだけ発生したか不明確
  • 財務会計のルールに則って行うと計算がとても複雑

 

四半期決算が必要な上場企業は会計原則に則った原価計算が必要ですが、中小企業は会計事務所や顧問税理士が会社全体の製造原価は正しく計算しています。

その個々の製品の製造原価を出すため、大変な手間をかけてもメリットはありません。
 

中小・小規模企業に適した個別原価計算システム「利益まっくす」

 

中小・小規模企業にとって必要なのは

 
「いくらで、できるか」適切な見積の決定
 
「いくらで、できたか」実績原価を把握し赤字ならば対策する

 

これをできるだけ手間をかけずに行うことです。
 

1人の会社から使える個別原価計算システム「利益まっくす」は、決算書からアワーレートや間接費用を計算する独自の手法で、中小企業でも容易に個別原価が計算できます。

しかも多品種少量生産や単品生産にも対応でき、

  • 間接製造費用の分配方法は2種類から選択
  • 段取費用と加工費用を個別に計算可能
  • 加工工程毎の製造費用を計算

 

など必要十分な機能があります。
 

利益まっくす「3つの特徴」

 


 操作が簡単

  • 受注は品番、顧客名など入力するだけです。
  • 見積・実績原価は段取時間と加工時間、材料費を入力するだけ、これまで熟練者が行っていた見積計算を事務で行うことができます。


 

 


 初期設定済ですぐに使える

  • クラウド・システムなので遠方の方も3つのデータ(決算書、作業者一覧、設備一覧)を送っていただき、弊社が設定します。設定完了後、すぐに使えます。


 

 


 調整が簡単
 製造条件に合わせた調整が可能です。

  • 外段取と内段取
  • 無人加工と有人加工
  • 設備の大きさ毎のアワーレート
  • 電気代などランニングコストの違い
  • 材料価格、スクラップ価格の変動

 これらの違いを簡単にアワーレートに反映できます。
 

 

日常の入力方法の説明動画です。

設定方法の動画です。

電気代などの経費が上がった時の原価の上昇を、利益まっくすを使ってご説明します。

インストール不要、どこでも使えるクラウド・システム

インターネットさえつながっていれば、現場や事務所のどのパソコンでも使えます。データはクラウドに保存されますので、専用のパソコンやサーバーは不要です。
 

またお客様の設定やデータを弊社で確認できるため、お客様に問題が起きても弊社ですぐに調査、解決ができます。そのため、遠方のお客様も安心してお使いいただけます。
 

導入しやすい定額制、低価格

 

月額定額制で随時解約できるので、高価なシステムを導入する際のリスクがありません。
 

利益まっくす価格

月額15,950円(税込)(クレジットカードでのお支払いとなります。)

年額払の場合、10%OFF 172,260円(消費税込み)
(クレジットカード、及び銀行振込が可能です。)
 
お支払はこちらからお願いします。

電話、メールの無料サポート付き

初期設定費用 74,800円(税込)
 

製品別値上げ計算 (オプション)

利益まっくすは各現場のアワーレートを決算書の費用から計算します。

そのため、アワーレートに占める人件費、電気代、消耗品費などの比率を計算できます。以下にモデル企業A社の現場1の設備のアワーレートに占める費用の割合を示します。

アワーレート(設備)に占める費用の割合

A社 現場1のアワーレート(設備)に占める費用の割合

同様に現場1の人のアワーレートに占める費用の割合も計算できます。

アワーレート(人)に占める費用の割合

A社 現場1のアワーレート(人)に占める費用の割合

この比率から、各製品の原価に占める人件費、電気代が計算できます。

下図は、A社 A1製品の現場1の工程の製造費用に占める人件費、電気代などです。

製造費用(人と設備の合計)の内訳

A1製品 現場1の製造費用の内訳

これが分かれば、人件費、電気代、消耗品費が増えた時、いくら値上げしなければならないか、容易にわかります。

人件費、電気代、消耗品費の上昇による値上げ金額

人件費、電気代、消耗品費の上昇による値上げ金額

各製品の工程毎に、段取時間、加工時間を入力すれば、その製品の人件費、電気代などが分かります。

この機能は、弊社でデータを設定してエクセルでご提供します。

価格 55,000円 (税込)
 

利益まっくすの導入について

IT導入補助金使えます。
(詳しくは、こちらからお問い合わせください。)

 
【お申込み】
こちら(お問合せ)からお問合せ願います。弊社担当よりご連絡致します。
 


【利益まっくす導入の流れ】

お申込み
矢印

オンラインで打合せ
(現場の構成、注意すべき点をヒアリング)
矢印

初期設定費用
お支払い(請求書、クレジットカード)
矢印

・エクセルシート(必要な内容を記入)
・先期の決算書(損益計算書、製造原価・販管費明細)
2点をメールで送っていただきます
矢印

弊社にて利益まっくすを設定
矢印

お客様にて確認
(必要であればオンラインで打合せ)
矢印

完了
利益まっくす利用開始
(ここから月額利用料が発生します。)

より詳細な原価計算のコンサルティングもあります。詳細はこちらをご参照願います。
 

関連費用

利益まっくすの導入に際し、より詳しい工程分析や導入研修、個別のマニュアル作成も承ります。

導入コンサルティング
(工程分析、マスター項目洗い出し、データ移行計画):308,000円(税込)

導入研修:66,000円(税込)
個別運用マニュアル作成:44,000円(税込)
 

より詳しく知りたい方へ

 

資料請求

利益まっくすの詳しい資料を無料でお送りします。

資料請求はこちらからお願いします。
 

 

利益まっくすの考え方と事例を解説した
 「中小・小規模企業のための個別原価計算の手引書」

中小企業・小規模企業のための個別製造原価の手引書 【基礎編】

中小企業・小規模企業のための
個別製造原価の手引書 【基礎編】

価格 ¥2,000 + 消費税(¥200)+送料
 

 

 

中小企業・小規模企業のための個別製造原価の手引書 【実践編】

中小企業・小規模企業のための
個別製造原価の手引書 【実践編】

価格 ¥3,000 + 消費税(¥300)+送料
 

 

 

ご購入及び詳細はこちらをご参照願います。
 

 

書籍
「中小製造業の『製造原価と見積価格への疑問』にすべて答えます!」
日刊工業新聞社

書籍「中小製造業の『製造原価と見積価格への疑問』にすべて答えます!」
日頃、経営者や工場管理者が疑問に思っている「現場のお金」について、できるだけ分かりやすく書いた本です。会計の知識がなくてもすらすら読めます。
こちら(アマゾン)から購入できます。
 

 

 


 

【お問合せ】

利益まっくすについてご不明な点があれば、こちらよりお問合せいただけます。
 

利益まっくすの操作説明動画

 
【注意】音声が出ます。
(字幕もありますので音声が不要な方は音声をミュートしてください。)
 

受注入力

受注毎に品番、品名、顧客名を入力します。
顧客名は、会社名、工場名、顧客担当者名を入力できます。

操作説明動画1 受注入力

受注入力画面

見積原価計算

製造工程、段取時間、加工時間を入力し、見積原価を計算します。

操作説明動画2 見積原価計算

見積原価画面


 

見積計算結果情報一覧

見積計算結果検の結果の一覧を条件別に検索できます。

操作説明動画3 見積計算結果情報一覧

 

材料情報入力

この受注で使用する材料の使用量を入力し材料費(製品1個当たり)を計算します。
(材料単価は複数設定できます。)

操作説明動画4 材料情報入力

材料費入力


 

発注先情報入力

発注先の情報を入力します。

操作説明動画5 発注先情報入力

名称情報入力

各データの名称を入力します。

操作説明動画6 名称情報入力

利益まっくすについてご不明な点があれば、こちらよりお気軽にお問い合わせください。
 


ページ上部へ▲

メニュー 外部リンク