数人の会社から使える原価計算システム「利益まっくす」

 

利益まっくすの原価と値上げ計算の特徴

 

なぜ利益まっくすは「適正な原価」が出せるのでしょうか?

 
決算書から現場のアワーレート、間接費を計算するためです。決算書はその会社で発生した最も確かな数字です。つまり計算したアワーレートや販管費はその会社の真実です。そこから計算した金額はその会社の「適正価格」なのです。

なぜ人件費〇%上昇、電気代〇%上昇した時の適正な金額が計算できるのでしょうか?

 
利益まっくすは決算書からアワーレートを計算します。この決算書の費用には、作業者や間接部門の人件費、電気代など工場の経費が含まれています。

これらの費用がアワーレートに何%含まれているか計算すれば、現場のアワーレートに占める人件費や電気代の割合が分かります。その割合から人件費が〇%上昇した時、原価がいくら高くなったのかが計算できます。

この値上げ計算の詳細は、「利益まっくすの詳しい資料(無料)」に記載しました。

なぜ利益まっくすは、小規模・中小企業でも使えるのでしょうか?

 
製造業の原価計算が難しいのは以下の2つの原因のためです。

  • 費用の種類が多く、各現場でどれだけ発生したかわからない
  • 決算に使うためには会計原則に則った複雑な計算が必要


決算の原価は、今までも会計事務所や顧問税理士が正しく計算しています。それ以上細かく計算しても中小企業にはメリットはありません。
中小企業は、製品別の原価は財務会計と切り離して


「いくらで、できるか」適切な見積金額の決定
 
「いくらで、できたか」実績原価の把握と、赤字製品の対策

 
に限定すれば、もっと簡単なやり方で原価が出せるのです。
 

原価計算のやり方がよくわからないのですが…

 
ご安心ください。利益まっくすの初期設定は、弊社で行います。お客様は、受注毎の段取時間と加工時間を入力するだけで、適正な価格が分かります。

設定の際は、お客様から現場の人や設備の配置、決算書(損益計算書のみ)などの資料を送っていただき、最適な形で設定します。これまでに機械加工をはじめとして食品、電装品など様々な業界で利益まっくすをお使いいただいているため、様々な業界に対応できます。

遠方なのでサポートが心配ですが…

 
利益まっくすはクラウドなので、お客様が困った場合、弊社でもデータを確認して適切に対処いたします。お客様が不明な点はメール、オンラインでご説明します。
すでに北海道から広島まで、遠方のお客様にもご利用いただいています。

値上げ交渉は初めてなので不安です

 
取引先から資料や数値の根拠の説明を求められた場合も、メール、オンラインでサポートします。
 

利益まっくすを導入するメリット

 

適正価格が分かります

 
自社の現場の正しいアワーレートと、それぞれの製品の適正価格が分かります。
「これが適正価格」と自信を持って取引先と交渉できます。

もし値引きしなければ受注できない場合、いくら値引きすれば利益がゼロ、さらにいくら値引きすれば製造原価もマイナスするのか分かるため、受注の可否を適切に判断できます。
 

実績原価から、その製品が本当に儲かったのか分かります

 
実績時間を入力することで実績原価が分かります。
実績原価が見積をオーバーすれば赤字になっていることが分かります。時間短縮や値上げなど赤字に手を打つことができます。
 

値上げ金額とその内訳が分かります。スムーズに値上げ交渉ができます(オプション機能)

 
人件費が〇%上昇、電気代が〇%上昇した時、その製品がいくら高くなったのか、
値上げ金額とその内訳が計算できます。

取引先から「値上げのエビデンスを出してください」という要求にも対応できます。
値上げ交渉がスムーズにできます。
 

使えるだろうかと不安な場合

 

もっと詳しく知りたい方へ

オンラインでご説明

利益まっくすの画面をオンラインで表示して、詳しい内容をご説明します。
こちらからお申込み願います。
 

資料請求

「利益まっくすの詳しい資料(無料)」をお送りします。下記よりお申込みいただけます。

 
 
 

日常の入力方法の説明動画です。

設定方法の動画です。

 

使ってみたい「試用版」

 
受注、見積計算を試すことができる試用版を下記よりお申込みいただけます。

《試用版の注意事項》

  • 初期設定は変更できません。(初期設定は非表示になっています。)
  • 試用期間は2か月です。
  • 登録されたメールアドレスは、試用期間終了を連絡するためです。それ以外にメルマガや販促メールは送りませんのでご安心ください。


 

セミナー

原価計算と見積、価格交渉のセミナーをオフラインとオンラインで行っています。

 

 

 

リスクはゼロ

返金制度

初期設定した結果にご満足いただけない場合は、初期設定費用は全額返金いたします。

使用中止

初期設定が終わりご利用を開始した後、4か月目以降はいつでも中止できます。
中止後も設定やデータは保存されますので、いつでも再開できます。

従って、高価なシステムを導入するようなリスクがありません。

IT導入補助金も使えます

クラウド利用料2年分、初期設定費用合計から、224,600円補助金を受けられます。
お客様のご負担額は、269,520円です。

費用

利益まっくす利用料

 
月額15,950円(税込)(クレジットカードのお支払いとなります。)

年額払の場合、10%OFF 172,260円(税込)

お支払はこちらからお願いします。
 

初期設定費用

 
初期設定費用 149,600円(税込)
 

製品別値上げ計算 (オプション)

 
人件費、電気代などが〇%上昇した時、各製品の値上げ金額が計算できます。
弊社でデータを設定してエクセルでご提供します。

価格 55,000円 (税込)
 

導入の手順

初期設定のお打合せ(オンライン)

初期設定費用お支払 (前払い)

資料をお客様から送っていただき、弊社が利益まっくすを設定

設定結果のご報告(オンライン)

ご利用開始
(利用料が発生します)


 

他ではないサービスと価格

 

初期設定は、原価のコンサルティング

 
実は、お客様の現場の人や設備をヒアリングし、最適な設定を行う利益まっくすの初期設定は、システムの設定というより「お客様の原価のコンサルティング」です。
「原価のコンサルティング」がこの価格でできるのは、すでに弊社が多くの工場の利益まっくすの設定のノウハウがあるからです。

利用期間中は、随時相談が可能

 
値上げ交渉では取引先からいろいろな要求が出されます。その都度資料を作らなければならないこともあります。

弊社はいろいろなお客様から値上げの相談や事例があります。そのため、お客様の事情に合わせた適切なアドバイスができます。

他にも原価について困ったことがあれば随時相談ができます。
システムの利用料15,950円/月(税込)だけで、原価の専門家にいつでも相談できます。

リスクゼロ、高い費用対効果

 
満足いただけない場合、初期設定費用は全額返金いたします。
利用開始後も4か月以降随時中止できます。
お客様のリスクはほとんどありません。

それで5%の値上げが実現すれば、売上1億円の工場では、500万円の利益が増加します。費用対効果はとても高いです。

限定5社/月

 
「初期設定≒コンサルティング」のため、弊社のマンパワーに限りがあり、1か月のご依頼は5社までとさせていただきます。
 

お申込み・オンライン商談

 
利益まっくすのお申込みはこちら
オンライン商談のお申し込みはこちらからお願います。

 

利益まっくすの考え方と事例を解説した
 「中小・小規模企業のための個別原価計算の手引書」

中小企業・小規模企業のための個別製造原価の手引書 【基礎編】

中小企業・小規模企業のための
個別製造原価の手引書 【基礎編】
価格 ¥2,000 + 消費税(¥200)+送料
 

中小企業・小規模企業のための
個別製造原価の手引書 【実践編】
価格 ¥3,000 + 消費税(¥300)+送料

ご購入及び詳細はこちらをご参照願います。
 

書籍
「中小製造業の『製造原価と見積価格への疑問』にすべて答えます!」
日刊工業新聞社

書籍「中小製造業の『製造原価と見積価格への疑問』にすべて答えます!」
日頃、経営者や工場管理者が疑問に思っている「現場のお金」について、できるだけ分かりやすく書いた本です。会計の知識がなくてもすらすら読めます。
こちら(アマゾン)から購入できます。
 

 

 

利益まっくすの操作説明動画

 
【注意】音声が出ます。
(字幕もありますので音声が不要な方は音声をミュートしてください。)
 

受注入力

受注毎に品番、品名、顧客名を入力します。
顧客名は、会社名、工場名、顧客担当者名を入力できます。

操作説明動画1 受注入力

受注入力画面

見積原価計算

製造工程、段取時間、加工時間を入力し、見積原価を計算します。

操作説明動画2 見積原価計算

見積原価画面


 

見積計算結果情報一覧

見積計算結果検の結果の一覧を条件別に検索できます。

操作説明動画3 見積計算結果情報一覧

 

材料情報入力

この受注で使用する材料の使用量を入力し材料費(製品1個当たり)を計算します。
(材料単価は複数設定できます。)

操作説明動画4 材料情報入力

材料費入力


 

発注先情報入力

発注先の情報を入力します。

操作説明動画5 発注先情報入力

名称情報入力

各データの名称を入力します。

操作説明動画6 名称情報入力

利益まっくすについてご不明な点があれば、こちらよりお気軽にお問い合わせください。
 


ページ上部へ▲

メニュー 外部リンク