‘イノベーション’ カテゴリ

「人工知能AIの発達で仕事はどう変わるのか」  ~その2 第三次人口知能ブームの技術とシンギュラリティ~

第三次人工知能ブーム 1980年代の第二次人工知能(以降、AI)ブームは、 当時の記憶装置はエキスパートシステムに入れる知識ベースに限りがあること 形式化(言語化)されていない知識を扱うことが容易でない そのため、広く普 […]

「人工知能AIの発達で仕事はどう変わるのか」  ~その2 第三次人口知能ブームの技術とシンギュラリティ~の詳細


「人工知能AIの発達で仕事はどう変わるのか」  ~その1 知能とは何か?AIの知能は人を超えるのか?~

今、再び人工知能が脚光を浴びています。 この人工知能について考える際、知能とは何かを明らかにする必要があります。   知能とは何でしょうか? 人の知能の源は心です。私たちは心により世界を認識します。 この「人は […]

「人工知能AIの発達で仕事はどう変わるのか」  ~その1 知能とは何か?AIの知能は人を超えるのか?~の詳細


独創的なアイデアを生み出すための発想法 その2

情報通信技術が発達し、社会や事業環境が非常に早く変化する今日では、新製品や新事業だけでなく日常業務においても今までない発想やひらめきが必要とされます。 このアイデア発想法について、独創的なアイデアを生み出すための発想法  […]

独創的なアイデアを生み出すための発想法 その2の詳細


独創的なアイデアを生み出すための発想法 その1

情報通信技術が発達し、社会や事業環境が非常に早く変化する今日では、新製品や新事業だけでなく日常業務においても今までない発想やひらめきが必要とされます。アイデア豊かな人、問題解決力の高い人はどんどん新しいアイデアや考えを生 […]

独創的なアイデアを生み出すための発想法 その1の詳細


競争戦略としての価格戦争と、そのメカニズム

価格を下げると売れる?   伝統的な経済学では、商品の価格と需要は、「価格と需要曲線」で表されます。商品の価格が低下すれば、需要は増加します。つまり販売量を増やしたければ、価格を下げれば良いのです。この原理に従 […]

競争戦略としての価格戦争と、そのメカニズムの詳細


グローバル資本とデフレの関係

金融緩和はデフレを克服できるか? 日銀の金融緩和 第二次安倍政権誕生後、2013年3月 黒田氏が日銀総裁に就任しました。その後日銀は以下のように大胆な金融緩和を行いました。   2013年4月 「量的・質的金融 […]

グローバル資本とデフレの関係の詳細


発明を守る方法と、権利を守る戦い その2 知財により優位を維持した例

発明を守る方法と、権利を守る戦い その1 特許とは何か、本当に知財を守れるのかで、特許、実用新案、商標の特徴と現在の特許制度の問題点について述べました。 現在の特許制度は、先進国の大企業が互いに技術開発を競っている状況に […]

発明を守る方法と、権利を守る戦い その2 知財により優位を維持した例の詳細


発明を守る方法と、権利を守る戦い その1 特許とは何か、本当に知財を守れるのか

企業が新たな技術や製品を開発した時、そのノウハウや技術をまねされないように特許を取ります。 しかし特許を取っただけではノウハウや技術を守ることはできません。特許を取っても様々なルートから技術やノウハウは他社に流れます。 […]

発明を守る方法と、権利を守る戦い その1 特許とは何か、本当に知財を守れるのかの詳細


インターネット以来の大発明、ブロックチェーンその3 ~フィンテックとスマートコントラクト~

前回のブログで、ビットコインの歴史とその技術的特徴と課題について説明しました。ビットコインのブロックチェーン技術の特徴は、   【長所】 完全にオープンでありながら改ざん不可能なセキュリティの高さ すべての取引 […]

インターネット以来の大発明、ブロックチェーンその3 ~フィンテックとスマートコントラクト~の詳細


インターネット以来の大発明その2 ~ビットコインの技術、マイニングとプルーフオブワーク~

インターネット以来の大発明その1はこちら   インターネット以来の大発明その1で、ビットコインの成り立ちについて書きました。ビットコインは政府の規制に縛られない自由な電子マネーという思想から生まれました。 &n […]

インターネット以来の大発明その2 ~ビットコインの技術、マイニングとプルーフオブワーク~の詳細


メニュー