カイゼンだけでは生き残れない、高く得る仕組みと目標原価管理で、高収益を実現します

これはいくらでできているのだろうか?


見積では利益が出ていた、しかし決算の利益はわずかしかない

長年○○円/時間のアワーレート、これは正しいのだろうか?


多くの経営者や管理者の疑問です。

今日の厳しい経営環境下、利益を出すには


適確なアワーレートに基づく見積

原価を根拠とした粘り強い交渉


が不可欠です。


数人の会社から使える原価計算システム「利益まっくす」


多くの企業が個別原価で悩むのは、原価に関係する費用が多く、それを原価に適切に組み込むのが容易でないからです。


かといって大企業のように自社で原価計算システムをいちからつくるのも困難です。


当社は長年中小企業・製造業のコンサルティングする中で、

中小・小規模企業でも容易に使える原価計算システムはできないか

と考えてきました。


そして発生した費用を積み上げるのでなく、全体の費用を分配して原価を計算する独自の手法により、

数人の会社から使える原価計算システム「利益まっくす」

を開発しました。



利益まっくすは、代表 照井清一が機械技術者としてメーカーでものづくりに取り組んだ経験と、10年にわたり中小企業の経営改善に取り組んだ経験からできた

原価を知るだけでなく、利益の改善に役立つツール

です。

しかも中小・小規模企業でも利用しやすい低価格のシステムです。

利益まっくすの詳細はこちら からお願いします。


独自の手法 利益まっくすの考え方と製造業の原価計算の基本についての冊子


個別製造原価の手引書【基礎編】【実践編】

を販売しています。


詳細は冊子「個別製造原価の手引書」からお願いします。


製造業の原価計算の考え方、具体的な事例などを多数掲載したコラム「原価計算とは?」はこちらからお願いします。


新着情報
メニュー