‘経営革新’ カテゴリ

ゆとり教育社員への処方箋

「言われたことしかしない」 「メールで朝、欠勤の連絡をする」 最近の若い人たちの今までの常識では考えられない行動が目立ち、職場で先輩たちが戸惑っています。 彼らの多くが2002年以降それまでの知識偏重の教育から自ら考え、 […]

ゆとり教育社員への処方箋の詳細


製造業の個別原価計算15 変動費と固定費の誤解

製造業、特に受注生産の場合、適切な見積と価格交渉には個別原価の計算はとても重要です。そこでこの経営コラムでは、製造業の個別原価計算のテーマをシリーズで取り上げています。 今回は、変動費と固定費についてです。 個別原価の費 […]

製造業の個別原価計算15 変動費と固定費の誤解の詳細


ゆとり世代の特徴と誤解~ゆとり教育の背景①

今の若者はダメか?   人手不足が激しくなる中、せっかく就職した企業を数か月で辞めてしまう若者がいます。電話に出ない、言われたことしかやらない、メール1本で休むなど、今までの常識では考えられない行動が目につき、 […]

ゆとり世代の特徴と誤解~ゆとり教育の背景①の詳細


製造業の個別原価計算14 「不良による損失金額はいくらか?」

日々の製造現場で起きていることが原因で「見えない赤字」を引き起こし、会社の業績に大きな影響を与えます。 そのひとつに不良による損失があります。 もちろん不良があってよいわけはなく、現場の管理者も不良を減らすように努力して […]

製造業の個別原価計算14 「不良による損失金額はいくらか?」の詳細


競争戦略としての価格戦争と、そのメカニズム

価格を下げると売れる?   伝統的な経済学では、商品の価格と需要は、「価格と需要曲線」で表されます。商品の価格が低下すれば、需要は増加します。つまり販売量を増やしたければ、価格を下げれば良いのです。この原理に従 […]

競争戦略としての価格戦争と、そのメカニズムの詳細


グローバル資本とデフレの関係

金融緩和はデフレを克服できるか? 日銀の金融緩和 第二次安倍政権誕生後、2013年3月 黒田氏が日銀総裁に就任しました。その後日銀は以下のように大胆な金融緩和を行いました。   2013年4月 「量的・質的金融 […]

グローバル資本とデフレの関係の詳細


製造業の個別原価計算13 「なぜ実績原価が必要なのか?見えない赤字の例」

製造業は、最初に受注するために見積をつくりますが、その際に個別原価が必要です。   この個別原価の計算には、人や設備のアワーレート、間接製造費用や販売費及び一般管理費の比率が必要です。これらを予め計算し、見積も […]

製造業の個別原価計算13 「なぜ実績原価が必要なのか?見えない赤字の例」の詳細


発明を守る方法と、権利を守る戦い その2 知財により優位を維持した例

発明を守る方法と、権利を守る戦い その1 特許とは何か、本当に知財を守れるのかで、特許、実用新案、商標の特徴と現在の特許制度の問題点について述べました。 現在の特許制度は、先進国の大企業が互いに技術開発を競っている状況に […]

発明を守る方法と、権利を守る戦い その2 知財により優位を維持した例の詳細


発明を守る方法と、権利を守る戦い その1 特許とは何か、本当に知財を守れるのか

企業が新たな技術や製品を開発した時、そのノウハウや技術をまねされないように特許を取ります。 しかし特許を取っただけではノウハウや技術を守ることはできません。特許を取っても様々なルートから技術やノウハウは他社に流れます。 […]

発明を守る方法と、権利を守る戦い その1 特許とは何か、本当に知財を守れるのかの詳細


売上1/3からの大逆転!展示会の活用 その7 新規開拓の重要性と展示会の活用のまとめ

これまで弊社では展示会を活用した新規開拓について、7回にわたり経営コラムに書いてきました。   なぜ中小の製造業にとって展示会の活用が重要なのでしょうか? それは普段会うことができない設計や開発の人と会うことが […]

売上1/3からの大逆転!展示会の活用 その7 新規開拓の重要性と展示会の活用のまとめの詳細


メニュー