モノづくり通信 Vol.15 企業経営と変化への対応について

◆モノづくり通信第15号は、「企業経営と変化への対応について」です。

今年は、アメリカのFRBが景気対策の出口戦略として

金利上昇を行うとみられ、その影響がどのように現れるか、

気になるところです。

また、国内の景気は、日銀短観を見ると、

業況DIが2014年初頭にピークアウトし、

すでには景気の下降局面に入っているという意見もあります。

 

このように今年も様々な変化が起きると予測されます。

このような変化には、景気のように上下を繰り返す変化と、

技術革新のように一度変化したら元に戻らない変化の2種類があります。

売上が低下した時、

その原因が、景気の変動によるものなのか、

市場や顧客に大きな変化が起きたためか、

どちらでしょうか。

 

もし市場や顧客に大きな変化が起きているのに、

今までのやり方で努力しても思うような効果が得られるでしょうか。

では、このような変化に直面した時、企業はどのような対応を取ったのでしょうか。

 

変化に対応しきれなかった企業 池貝鉄工所と、

主力事業が短期に消滅するという危機を乗り切った富士フイルムについて、

ご紹介します。

モノづくり通信第15号より、参照いただけます。

 

◆モノづくり温故知新 藤沢武夫◆

世界一のオートバイメーカーに成長し、

四輪に進出したホンダを支えた副社長

藤沢武夫氏には、大きな課題がありました。

誰もが認める天才技術者 本田宗一郎なきあとの

ホンダをどうするかということです。

多くの創業者は、強いリーダーシップとチャレンジ精神で

企業を成長させていきます。

しかし後継者が強いリーダーシップがなく、

部下の無難な提案を採用してしまうと、競争力を失ってしまいます。

本田宗一郎氏なきあとも永続的に発展できるように、

藤沢氏は様々な手を打ちました。

モノづくり通信第15号より、参照いただけます。

 

◆モノづくり通信のバックナンバーは、こちらから参照いただけます。

 

 

ものづくりや経済・社会の歴史を振り返り、今後の社会や経営を考える「未来戦略ワークショップ」

毎月第3日曜日 9:30~12:00

本経営コラムにあるようなテーマについて、50分の講義と90分のフリーディスカッションで、新たな気づきやビジネスのヒントが得られる勉強会です。

WEB開催(参加費1,000円)で気軽に参加できます。

詳細は、こちらをご参照ください。
 

《ご案内》

◆経営コラム 経営コラム 製造業の経営革新 ~30年先を見通す経営~◆

ものづくり企業の「30年先の経営」を考えるヒントとして、企業経営、技術の進歩、イノベーションなどのテーマを定期的に更新しています。

メルマガのバックナンバーについては、こちらをご参照ください。

 
こちらにご登録いただきますと、更新情報のメルマガをお送りします。

(登録いただいたメールアドレスは、メルマガ以外には使用しませんので、ご安心ください。)


 

◆ニュースレター「モノづくり通信」◆

ものづくりや技術、イノベーションについて、弊社ニュースレター「モノづくり通信」を発行しています。

詳細は、こちらをご参照ください。

モノづくり通信の発行は、弊社メルマガでご案内しています。

こちらにご登録いただきますと、更新情報のメルマガをお送りします。


ページ上部へ▲

メニュー