モノづくり通信 Vol. 14 自動車メーカーの動向と大手自動車部品メーカーの今後の変化

◆モノづくり通信第14号は、

「自動車メーカーの動向と大手自動車部品メーカーの今後の変化」の特集です。◆

自動車産業の集積する愛知県では、トヨタ自動車など自動車メーカーの動向は

非常に気になるところです。

実は自動車メーカーの主戦場に、北米や欧州に加えて

中国やインドが増えたことで、自動車メーカーの考え方が変化しています。

その影響は、設計や部品にまで及んでいます。

さらに、自動車メーカーとは別に自動車部品メーカー間の

競争も激しくなっています。

極端なことを言えば、トヨタ自動車は業績が絶好調でも

一次部品メーカーが海外メーカーとの競争に敗れることも

あり得ます。

むしろ地域の中小企業にとっては、一次部品メーカーの業績の方が

影響は大きいといえます。

では、その一次部品メーカーの動向はどうか。

詳細は、モノづくり通信第14号をご参照願います。

モノづくり通信第14号はこちらから参照願います。

 

◆モノづくり温故知新 藤沢武夫◆

ホンダで数々の名車を生み出したのは本田宗一郎氏ですが、

ホンダという会社を完成させたのは副社長の藤沢武夫氏でした。

大ヒットした自転車用補助エンジン「カブ」の売れ行きに

限りが見えた時、藤沢氏は本田氏と一緒にヨーロッパに旅立ちます。

そして、あの名車が誕生しました。

モノづくり通信第14号はこちらから参照願います。
 

◆モノづくり通信のバックナンバーは、こちらから参照いただけます。

 
 

《ご案内》

◆経営コラム 経営コラム 製造業の経営革新 ~30年先を見通す経営~◆

ものづくり企業の「30年先の経営」を考えるヒントとして、企業経営、技術の進歩、イノベーションなどのテーマを定期的に更新しています。

メルマガのハックナンバーについては、こちらをご参照ください。

 
こちらにご登録いただきますと、更新情報のメルマガをお送りします。

(登録いただいたメールアドレスは、メルマガ以外には使用しませんので、ご安心ください。)


 

◆未来を考えるワンコイン経営勉強会「未来戦略ワークショップ」◆

毎月第3日曜日 9:30~12:00 経営の失敗事例やイノベーションについて学ぶ有志の勉強会「未来戦略ワークショップ」を開催しています。

詳細は、こちらをご参照ください。

申込みは前日までに電話か、お問合せよりお申し込みください。

 

◆ニュースレター「モノづくり通信」◆

ものづくりや技術、イノベーションについて、弊社ニュースレター「モノづくり通信」を発行しています。

詳細は、こちらをご参照ください。

モノづくり通信の発行は、弊社メルマガでご案内しています。

こちらにご登録いただきますと、更新情報のメルマガをお送りします。
 
 



ページ上部へ▲

メニュー