モノづくり通信 Vol. 42 競争戦略としての『価格戦争』

◆弊社ニュースレターモノづくり通信第42号を発行しました。◆

モノづくり通信第42号は、

「競争戦略としての『価格戦争』」です。
 

かつてマーケティング専門家の辞書には「価格戦争」という言葉はありませんでした。

価格戦争は、自社もライバルも疲弊し、後には焦土が残るだけと考えてられていました。
 

しかし中国の辞書は違っていたようです。

押し寄せる中国の低価格製品に欧米の企業は

「なぜ彼らは10%か20%の値下げに留められないのか。そうすれば彼らは価格優位を維持した上で、もっと大きな利益を上げられるのに」

と嘆いていました。
 

実は中国企業は「価格戦争」を戦略的に用いてきました。

戦略(strategy)の中国語「战略(Zhànlüè)」は「戦闘計画」「戦闘戦略」という意味を示します。

そこには勝つための手段として価格戦争も含まれます。

中国国内では、何百もの企業が互いに価格戦争を仕掛け、競合をふるい落としてきました。
 

では価格戦争はどのようなものなのか、価格戦争について考えました。

モノづくり通信第42号は、以下のリンクからご参照いただけます。

モノづくり通信 Vol. 42 競争戦略としての『価格戦争』

 

 

ものづくりや経済・社会の歴史を振り返り、今後の社会や経営を考える「未来戦略ワークショップ」

毎月第3日曜日 9:30~12:00

本経営コラムにあるようなテーマについて、50分の講義と90分のフリーディスカッションで、新たな気づきやビジネスのヒントが得られる勉強会です。

WEB開催(参加費1,000円)で気軽に参加できます。

詳細は、こちらをご参照ください。
 

《ご案内》

◆経営コラム 経営コラム 製造業の経営革新 ~30年先を見通す経営~◆

ものづくり企業の「30年先の経営」を考えるヒントとして、企業経営、技術の進歩、イノベーションなどのテーマを定期的に更新しています。

メルマガのバックナンバーについては、こちらをご参照ください。

 
こちらにご登録いただきますと、更新情報のメルマガをお送りします。

(登録いただいたメールアドレスは、メルマガ以外には使用しませんので、ご安心ください。)


 

◆ニュースレター「モノづくり通信」◆

ものづくりや技術、イノベーションについて、弊社ニュースレター「モノづくり通信」を発行しています。

詳細は、こちらをご参照ください。

モノづくり通信の発行は、弊社メルマガでご案内しています。

こちらにご登録いただきますと、更新情報のメルマガをお送りします。


ページ上部へ▲

メニュー