モノづくり通信 Vol. 24 会計が判断を誤らせる!現場と会計の課題について

◆モノづくり通信第24号 「会計が判断を誤らせる!現場と会計の課題について」◆

モノづくり通信第24号は、会計についてです。

経営者や幹部社員にとって、会計は分かりやすいものではありません。

損益計算書や貸借対照表は理解しても、

どの数字が経営に影響するのか、なかなか分かりません。

税理士や公認会計士など専門家の方のセミナーや勉強会に出ても、

「なんか分かったような、分からないような」

という方は多いのではないでしょうか。

 
会計が良く分からないのは、実務を行っている人にとって

会計は外国語のようなものだからです。

日常使わない言葉で、普段なじみのない考え方を学ぶのは、

中国語で中華料理の作り方を習っているようなものかもしれません。
 

しかし利益を増やすためには、

会社のお金の大まかな流れを知る必要があります。

また誤った会計の知識のために、

会社のお金が出て行ってしまうこともあります。

今回は、このように会計と改善の相反する点について、お伝えします。

詳細は以下の経営コラムを参照してください。

モノづくり通信第24号は以下のリンクから参照願います。

詳細は、モノづくり通信第24号をご参照願います。

 

◆モノづくり通信のバックナンバーは、こちらから参照いただけます。

 

 

ものづくりや経済・社会の歴史を振り返り、今後の社会や経営を考える「未来戦略ワークショップ」

毎月第3日曜日 9:30~12:00

本経営コラムにあるようなテーマについて、50分の講義と90分のフリーディスカッションで、新たな気づきやビジネスのヒントが得られる勉強会です。

WEB開催(参加費1,000円)で気軽に参加できます。

詳細は、こちらをご参照ください。
 

《ご案内》

◆経営コラム 経営コラム 製造業の経営革新 ~30年先を見通す経営~◆

ものづくり企業の「30年先の経営」を考えるヒントとして、企業経営、技術の進歩、イノベーションなどのテーマを定期的に更新しています。

メルマガのバックナンバーについては、こちらをご参照ください。

 
こちらにご登録いただきますと、更新情報のメルマガをお送りします。

(登録いただいたメールアドレスは、メルマガ以外には使用しませんので、ご安心ください。)


 

◆ニュースレター「モノづくり通信」◆

ものづくりや技術、イノベーションについて、弊社ニュースレター「モノづくり通信」を発行しています。

詳細は、こちらをご参照ください。

モノづくり通信の発行は、弊社メルマガでご案内しています。

こちらにご登録いただきますと、更新情報のメルマガをお送りします。


ページ上部へ▲

メニュー