モノづくり通信 Vol. 48 なくすべきものか、必要なものか、在庫の本質を考える

◆弊社ニュースレターモノづくり通信第48号を発行しました。◆

ある会社が現場改善の指導の中で「在庫はなくすように」言われました。

しかし在庫は必要なため、経営者は悩んでいました。
 

「指導する先生が正しいのか」、

それとも「在庫はなくすことができないのか」
 

実は在庫は企業によっては必要なもので在庫がないために

かえって生産性が悪化する場合もあります。

逆に在庫が多すぎて、資金不足になり経営危機に陥ることもあります。
 

では在庫とは本当はどのようなものなのか?

在庫の役割と在庫管理、そして安全在庫量の計算、在庫の問題について考えました。

またブルウィップ効果や在庫が増えると利益が増える原因も説明しました。

 

モノづくり通信第48号は、以下のリンクからご参照いただけます。

モノづくり通信 Vol. 48 なくすべきものか、必要なものか、在庫の本質を考える

 

 

ものづくりや経済・社会の歴史を振り返り、今後の社会や経営を考える「未来戦略ワークショップ」

毎月第3日曜日 9:30~12:00

本経営コラムにあるようなテーマについて、50分の講義と90分のフリーディスカッションで、新たな気づきやビジネスのヒントが得られる勉強会です。

WEB開催(参加費1,000円)で気軽に参加できます。

詳細は、こちらをご参照ください。
 

《ご案内》

◆経営コラム 経営コラム 製造業の経営革新 ~30年先を見通す経営~◆

ものづくり企業の「30年先の経営」を考えるヒントとして、企業経営、技術の進歩、イノベーションなどのテーマを定期的に更新しています。

メルマガのバックナンバーについては、こちらをご参照ください。

 
こちらにご登録いただきますと、更新情報のメルマガをお送りします。

(登録いただいたメールアドレスは、メルマガ以外には使用しませんので、ご安心ください。)


 

◆ニュースレター「モノづくり通信」◆

ものづくりや技術、イノベーションについて、弊社ニュースレター「モノづくり通信」を発行しています。

詳細は、こちらをご参照ください。

モノづくり通信の発行は、弊社メルマガでご案内しています。

こちらにご登録いただきますと、更新情報のメルマガをお送りします。


ページ上部へ▲

メニュー