モノづくり通信 Vol.54「AIは人間の知能を超える?」~ AIブームとAIに奪われる仕事を考える~

◆弊社ニュースレターモノづくり通信第54号を発行しました◆
 
2045年にはシンギュラリティに到達し、人工知能は人間の知性を超えると言われています。
そして将来、人の行っている仕事の半分は、人工知能に置き換わってしまうとも言われています。

人工知能に対して、このようにマスコミはセンセーショナルに報道しますが、では人工知能がどのようなもので、これからどのように発展するのかについて詳しい情報はあまりありません。

この人工知能に対する欧米の考え方は、機械的な人間観に基づいています。
彼らは、人の考えとは入力に対して、ある結果を出力する機械仕掛けのようなものと考えています。

そして人工知能が発達すれば、人工知能は意識も持つと考えています。

本当にそのような未来が来るのでしょうか。

そこで人工知能の歴史と今後の発展とその限界について考えました。

そして今後人の仕事がどのように変わっていくのか考えました。

 
詳細は以下のものづくり通信第54号を参照願います。

モノづくり通信 vol.54 「AIは人間の知能を超える?」~ AIブームとAIに奪われる仕事を考える~

 

 

ものづくりや経済・社会の歴史を振り返り、今後の社会や経営を考える「未来戦略ワークショップ」

毎月第3日曜日 9:30~12:00

本経営コラムにあるようなテーマについて、50分の講義と90分のフリーディスカッションで、新たな気づきやビジネスのヒントが得られる勉強会です。

WEB開催(参加費1,000円)で気軽に参加できます。

詳細は、こちらをご参照ください。
 

《ご案内》

◆経営コラム 経営コラム 製造業の経営革新 ~30年先を見通す経営~◆

ものづくり企業の「30年先の経営」を考えるヒントとして、企業経営、技術の進歩、イノベーションなどのテーマを定期的に更新しています。

メルマガのバックナンバーについては、こちらをご参照ください。

 
こちらにご登録いただきますと、更新情報のメルマガをお送りします。

(登録いただいたメールアドレスは、メルマガ以外には使用しませんので、ご安心ください。)


 

◆ニュースレター「モノづくり通信」◆

ものづくりや技術、イノベーションについて、弊社ニュースレター「モノづくり通信」を発行しています。

詳細は、こちらをご参照ください。

モノづくり通信の発行は、弊社メルマガでご案内しています。

こちらにご登録いただきますと、更新情報のメルマガをお送りします。


ページ上部へ▲

メニュー