モノづくり通信 Vol. 43 金融緩和はデフレを克服できる?ROE重視とデフレの関係」

◆弊社ニュースレターモノづくり通信第43号を発行しました。◆

モノづくり通信第43号は、

「金融緩和はデフレを克服できる?ROE重視とデフレの関係」」です。
 

第二次安倍政権誕生後、日銀総裁の黒田氏は

2013年4月にマネタリーベースで年間約60~70兆円増加させる大胆な金融緩和を発表(黒田バズーカ)、

さらに2016年1月29日にはマイナス金利の導入を発表するなどの金融緩和を実施しました。
 

しかし、円安で輸出企業の利益が増えても企業は内部留保を積み上げ、賃上げや設備投資は依然低調です。
 

この日本のデフレについて、JPモルガン証券の北野一氏は、真の原因は成長余力の乏しい日本企業がその実力以上に利益を出していることにあると断言します。
 

この北野氏の主張するデフレの原因について考えました。

モノづくり通信第43号は、以下のリンクからご参照いただけます。

モノづくり通信 Vol. 43 金融緩和はデフレを克服できる?ROE重視とデフレの関係

 

 

ものづくりや経済・社会の歴史を振り返り、今後の社会や経営を考える「未来戦略ワークショップ」

毎月第3日曜日 9:30~12:00

本経営コラムにあるようなテーマについて、50分の講義と90分のフリーディスカッションで、新たな気づきやビジネスのヒントが得られる勉強会です。

WEB開催(参加費1,000円)で気軽に参加できます。

詳細は、こちらをご参照ください。
 

《ご案内》

◆経営コラム 経営コラム 製造業の経営革新 ~30年先を見通す経営~◆

ものづくり企業の「30年先の経営」を考えるヒントとして、企業経営、技術の進歩、イノベーションなどのテーマを定期的に更新しています。

メルマガのバックナンバーについては、こちらをご参照ください。

 
こちらにご登録いただきますと、更新情報のメルマガをお送りします。

(登録いただいたメールアドレスは、メルマガ以外には使用しませんので、ご安心ください。)


 

◆ニュースレター「モノづくり通信」◆

ものづくりや技術、イノベーションについて、弊社ニュースレター「モノづくり通信」を発行しています。

詳細は、こちらをご参照ください。

モノづくり通信の発行は、弊社メルマガでご案内しています。

こちらにご登録いただきますと、更新情報のメルマガをお送りします。


ページ上部へ▲

メニュー